タグ:鉢物 ( 6 ) タグの人気記事

すずらんの鉢植え 最終入荷!  予約販売します

すっかり春らしく気温も上がって参りまして、スズランも切り花はともかく、
鉢植えに関しては、もうそろそろ終わりだと言われております。

鉢植えタイプのスズランは、切り花よりもお花が長持ち!!
また、下から順番に咲いてきてから花が枯れて行く様を観察する事ができ、
また植え替えてうまくいけば来年また花が咲くかも。。。という事で、人気があります。

鉢植えの場合はひとつあたりのポットが3本程度と少ないので
ボリュームアップをお望みの方がほとんどでしたので
3鉢、4鉢をセットにしたもので、ご提案をさせて頂きました。

こちらは3pot分を寄せ鉢にしたもの。3つくらいあるとやっぱり存在感があります。

f0193362_13165831.jpg

スズランの寄せ鉢 3POT

こちらはさらに追加で4pot分をカゴに寄せたもの。

f0193362_1317277.jpg


スズランの寄せ鉢 4POT

室内でちょっと観賞するように、ひとつだけでいいの。。。という方に為には
大好きなベルギーD&M社の陶器製のポットに入れたものをご用意。

f0193362_13192611.jpg

スズランの鉢植え 1POT




すずらんの鉢に関しては、母の日後も多くお問い合わせも頂きますので
この度、今年最後となるすずらんの鉢、予約販売をさせて頂きます。
来週、5月最終週の入荷分での発送となります。
また、数に限りがありますので、ご入用の方はお早めにお願い致します。

スズランの季節、最後まで楽しみましょう!!




Atelier Eucharis

Twitterボタン

[PR]
by a-eucharis | 2013-05-22 14:38 | flowers

muget - Bordeaux


週末の花嫁さんにお渡しした小さなスズランの鉢。
小さなポットがちょうど入るパニエに入れて。

f0193362_12162988.jpg


スズランって小さいけど、その姿形、ほのかに香る香りで結構ひと目を惹くもの。
ちょっとしたものですが、確実に喜んで頂けるもののひとつ。
早速リビングに飾って頂いて楽しんで頂いてるとのこと

ゴージャスなアレンジや花束もいいですが
こんなこじんまりとしたちょこっとしたお花も
幸せを運んでくれる花、「すずらん」ならではな感じでいいものです。

実はこのスズラン、Bordeaux ボルドーという名前がついてます。
多花性のドイツスズランの品種ですが、なぜかボルドーなんですね。。。

フランスのすずらんの生産量で第2位を誇るのが実はボルドーだそうな。
名前との関連は不明です、あしからず。。。

すずらんはもう少し経つと比較的手に入り易くなりますが
日本では流通量が少なくてなかなか手に出来ない事も多いので
ご要望の際はご相談いただければ、鉢でも、切り花でもご用意が可能です。

ここぞ!という時に、すずらんがある時期は是非に活用してみて頂きたいと思います。



オーダーについてはこちら

レッスンのスケジュールに関してはこちら


メールでのお問い合わせ
eucharis2004@aol.com

Atelier Eucharis
[PR]
by a-eucharis | 2010-02-19 12:17 | flowers

Hortensia

早いもので6月に入り、まだ梅雨入りには早いのに
なんだかジメジメとしてスッキリしない日が続きますね。

梅雨は嫌いだけど、そんな時期に元気に咲く「アジサイ」は
昔から大好きな花のひとつ。
マンションの植え込みや道すがら見るアジサイの緑色だったつぼみが
みるみる大きくなって、だんだん色づいて来たりする様子を見られるのも
今の時期のお楽しみであります。
アジサイが沢山咲いているのが見られるようになるのも
もう少しでしょうか?

切り花だとこの時期を待たずにアジサイはありまして
1本2000−3000円はするという高級なお花です。
そこら中に咲いてるけど、切り花だと高いのは何で??という
疑問は尽きないでしょうが、やはりアジサイの入ったブーケというのは
魅力的だったりします。

フランスでもアジサイはとても人気のある花。
そして、パリでもあまり安くはないお花。
過日、ランジスの市場で、思わず「うわー、キレイ」と思って
写真をとったのがこれ

f0193362_8592847.jpg


フランスではアジサイのことをhortensiaといいますが
これにはhortensia peppermint(ペパーミントアジサイ)と名前が付いてました。
さわやかでぴったりなネーミング。
切り花ではあまり見かけた事がなかったもので
色もメズらしいし、かわいいわあ。。。
と特別な印象を持って帰って来たのですが
日本でもそっくりさんを発見、先日アジサイの鉢物を仕入れる時に
迷わず選びました。ちょっと日本風に薄味になってる感じはありますが
それでもかなり美しい代物です。

f0193362_90744.jpg


こちらでは「ニューフラウタイコ」という全然違う名前がついてます
日本で開発された、最も美しい2色咲き。。とも言われているみたいです。
ちょっと珍しくて、キレイなので人の目を惹きます。
これを持って運んでたら、キレイ、メズらしいと
何人かに声をかけられましたから。。。

アジサイの季節ももうすぐ。
ちょっと楽しみになって来ました。



オーダーについてはこちら


メールでのお問い合わせ
eucharis2004@aol.com

Atelier Eucharis
[PR]
by a-eucharis | 2009-06-03 09:17 | flowers

母の日に贈るもの。。。ラン


桜も散り始め、先週くらいからすっかり春らしくなり
最高のお天気だった週末。
今年初のクルージングでは、船上で前倒しで誕生祝いをして頂き
思いがけずお花まで頂いてしまいました。
やはりお花を頂くって嬉しいものです。いつでも、いくつになっても
それはきっと変わらないでしょうね。
花を仕事としている私ですが、たまにこうして頂く身として
それを実感できるのは本当に嬉しい事。

ほんとにありがとうございました。嬉しかったです。

花って確かに特別なものではありますが、
もっと日常的にお花を贈ったり、贈られたりの花の習慣がもっともっと
根付いてくれる事を願ってやみません。

花を普段買わない、贈らない人でもこの日だけは、、、というのが
母の日かもしれないですね。
恥ずかしいとか、照れくさいとかそういうの抜きに
女性でも男性でも花を贈る習慣が根付いている
素敵なイベントでもあります。

ここの所、母の日のお問い合わせが増えてまいりました。
私の説明が不十分で判り難い所も多々あるので
おすすめのギフトについて、しばしご案内したいと思います。

◎生花花束(お花とグリーンを束ねてブーケ状にしたもの)
◎生花アレンジ(吸水性のスポンジに挿したものでそのまま飾れる)、
◎プリザーブドフラワー(枯れないお花といわれる特殊加工されたお花のアレンジ)

とこの3つがメインではあるのですが
見栄え、花の持ちなどの面からもおすすめなのが4つ目の

◎ランのコンポジション
胡蝶蘭を枝などでアレンジを施し、スタイリッシュな器に入れたもの。

日本だと御祝いなどの時にやたらと大きく立派なランを見ると思いますが
パリで見かけるランはこんな感じのものが多いです。
ナチュラルな部分を活かしながら、スタイリッシュに仕上げる
パリスタイルをそのまま取り込み、ひとつひとつ仕上げています。
ランの色や添える枝、合わせる器などで変わって行きます。

f0193362_059097.jpgf0193362_0591343.jpg


















ランはほとんど手間いらずであるにも関わらず
ちょこっとあると観葉植物などとは違う華やかさを演出してくれるのです。

ピンクの胡蝶蘭をパリスタイルで、、ということで
ベルギーのブランドD&M depot の器に入れたものは以前にご紹介済みでしたので
こちらで、、、

http://aeucharis.exblog.jp/10289937/


どちらもちょっとオリジナル感のあるギフトをお探しの方にはいいアイテムだと思います。


オーダーの仕方はこちら


メールでのお問い合わせ
eucharis2004@aol.com

Atelier Eucharis
[PR]
by a-eucharis | 2009-04-14 01:19 | flowers

orchidée パリスタイル


パリに居た時、あちらで見るランは、どこで見てもナチュラルで
それがごく当たり前で自然だったので、orchidée (オーキデ、ランの事)
とは、「こういう物」と認識していました。

日本に帰って来て、あまりにも素晴らしく
不自然なまでにキレイに整列されて、全て顔が正面を向くように
曲げられたランを見て、とても違和感を感じました。
特にお祝いなどで送られる3万から5万クラスのランだと
芸術品ともいえるのでは?という完成度。
キレイだけど、、、キレイ過ぎてしまう。

日本のその技術はきっと世界一で誇るものだとは思うのですが
すこし不格好でもまっすぐ気味に自然に立ち上がったランを
私は好んでしまいます。
その方が、インテリアには馴染むと思うから。

なので、私はこの仕事を初めて以来、仕入れたランは
全て補強を解体し、ナチュラルな枝を添えたりして
パリにあるような自然なラン、orchidée のスタイルでお作りしています。

ちょっとスタイリッシュで、モダンな空間作りに一役買ってくれる
アクセントにもなるお花ですし、もう少し大げさな物もありますが
こうして1本だけを仕立てたものの方がパリっぽい感じ。
比較的ナチュラルな物が手に入ったので、いい感じに仕上がります。

f0193362_17273151.jpg


f0193362_17271124.jpg



これらはパリに行く前にお届けしたものですが
改めてパリで今回はランをじっくり見て、つくづくナチュラルでまっすぐ
なものがいいなあ。。と思いました。

そして、それはパリだけでなく他の欧州諸国でも同じ。
ロンドンでもランはかなりメジャーで各お店に置いてありましたが
どれもスタイルはパリと同様。

正しくはパリスタイルというよりももっと幅広く
欧州スタイル?とでも言った方がいいのかも。

こうした1本ものだとちょとしたプレゼントにも最適。
どこでも売ってるランとは違うので、目を惹きます。
もちろんもう少し大きめのものもご用意がありますので
別途御紹介しますね。



Atelier Eucharis
[PR]
by a-eucharis | 2009-02-05 17:40 | flowers

ポインセチア-アイスパンチ


クリスマスシーズンといえば
風物詩ともいえるのが「ポインセチア」
毎年、お歳暮などで楽しみにしてる方がいらっしゃるので、
すこし変わった上質なものを仕入れるようにしています。
先日入れたのは「アイスパンチ」
斑がはいったような微妙な色合いがちょっと変わってて魅力的。

f0193362_221398.jpg


ごく普通のだとわざわざオーダーして頂いている意味が
なくなってしまうので、鉢花などは慎重に選びます。
実際に受け取った方が御自宅でインテリアとして飾る際の
最終的な形も考慮するので、鉢をラッピングするだけで終わりにはしません。
ポインセチアとの相性がよく、より季節感と
クラス感を感じさせてくれるような鉢カバー探しも大事。

今の時期、そしてこのポインセチアにもぴったりな
白樺を使ったカバーが一番しっくりきました。
なんとも可愛らしい。。。

クリスマス、年末年始のお部屋を華やかに彩ってくれる
ポインセチアです。

f0193362_211186.jpg



Atelier Eucharis
[PR]
by a-eucharis | 2008-12-08 02:12 | flowers